初心者でも簡単にワードで名刺作成

特別なソフトやアプリなどを使用せずにパソコンに入っているワードソフトを利用して初心者でも簡単に名刺作成できる方法があります。まず用意するものは家電量販店などで売っている名刺用紙とプリンター、パソコンを用意します。次にワードを起動させ新規文書の上方に出ているツールの中から「はがきと差し込み印刷」→「宛名ラベル作成」をクリックし「ラベル」の図をクリックしてラベルオプションを開きます。そこの「ラベル製品名」で使用する用紙のメーカーを選択し、製品番号を選択します。そして最後にOKボタンをクリックして設定が完了です。なおこの設定を行う際に市販の製品番号が必要となるので購入する前にラベルオプションで製品番号を確認してからパッケージに記載されている品番を見て購入される事をお勧めします。

設定完了後にいよいよ名刺作成を始める

まず用紙設定が完了したならば「宛名ラベル作成」の新規文書作成ボタンをクリックすると画面に名刺1個1個の線が描かれた表のような物が出てきますので、いよいよデザインを開始します。まずは表のような枠の中に「会社名」「肩書・氏名」「住所・電話番号」「e-mailアドレス・JRL」など記載する事項を改行しながら打っていきます。このとき、見たままのデザインが名刺に反映されますので、段落罫線を使ったり列を揃えたり、ツールの中の文字の大きさや太さを変えるツールを利用してデザインしレイアウトを決めていきます。もしもロゴなどを入れたい場合は画像として保存した物を画像の挿入ツールから挿入したい場所に貼り付け、サイズを変えながら調整して貼り付けます。これでデザインは完了です。

デザインが決まったら最後に仕上げを行う

今の所1枚分の名刺デザインが完了した状態なので、同じものを複数作りたい場合はそのまま左クリックで範囲選択をし、右クリックでコピーをして他の枠内に貼り付けます。そして枠内がすべて埋まったならば、買ってきた用紙をプリンターにセットして印刷をすれば完成です。また、次に同じ名刺作成をワードで行う時のために、出来上がったレイアウトはしっかりと保存しておきましょう。なお購入した用紙の製品情報がある場合の方法でしたが、ない場合は「ラベルオプション」→「新しいラベル」を選択し、上余白・横余白・間隔・用紙サイズ・ラベルの高さなどの情報を全て入力し保存すると、次から同じ用紙を購入した場合再入力無しで作成が出来るので便利です。また「オンラインの検索」を利用してofficeon-lineのテンプレートを利用するのもお勧めです。