テンプレートを使ってワードで名刺作成

ワープロソフトのワードでは、ラベル印刷の項目で用紙の型番を設定し、差し込み印刷機能を利用することで、コピーをして名刺作成をする方法もありますが、設定が面倒という方も多いでしょう。メーカーサイトでは、ワープロソフトを初めとした表計算やプレゼンテーションソフト向けの書式のテンプレートを公開していますので、そちらを利用する方法があります。名刺向けのテンプレートも用意されていますので、そのままデータを利用してもいいですし、テンプレートを元に自分の好みのデザインに作成し直すことも可能です。古いバージョンのソフトを利用している場合は、更新プログラムをインストールしていないと、テンプレートが使えないこともありますので、メーカーサイトからダウンロードして導入するようにしましょう。

テンプレートを取り込んで利用する方法

テンプレートから名刺作成をするには、ワードを起動させてから、新規もしくは新規作成のタブを開いて、検索ボックスに名刺と入力します。バージョンによっては、テンプレートのオンラインの検索ボックスがありますので、そちらに入力してください。メーカーサイトで公開されている名刺のテンプレートが表示されますので、好みのテンプレートを選びます。シンプルな文字データ中心の名刺であれば、そのまま社名や肩書き、社員名や連絡先を、置換機能を利用して簡単に作成したいデータに書き換えることができます。編集の項目の置換を選んで、ダイアログボックスを開きます。検索する文字に元のデータに入っていた社名や名前を指定して、置換後の文字列に自社や従業員名を指定し、検索方向を文書全体と指定して、すべて置換ボタンを押せば、テンプレートの全ての内容を自社向けの名刺に書き換えることができます。従業員の写真を入れるタイプのテンプレートは、写真用の枠とテキストボックスが設定されているため、置換機能での書き換えはできません。面倒ですが、コピーと貼り付け機能を利用し、1つずつ修正しましょう。

印刷や仕上げで注意が必要なこと

ワードを利用して、テンプレートで名刺作成をする際には、名刺の専用紙に合わせにくいことがあります。厚手の上質なA4サイズの用紙を用意してください。印刷時には、罫線を利用して余白を考慮した切り取り線を入れておくといいでしょう。グレーなどの薄めの色にして、最も細い点線を選択し、切り分けた所が目立たないようにしてください。切り口が綺麗になり、毛羽立たないようにするには、はさみよりもカッターが適しているでしょう。定規を当ててまっすぐに切るようにしてください。毛羽や細かい歪みが目立つ時には、切り口を綺麗な定規でしごくようにするとある程度整えられます。既に名刺の専用紙を用意している場合は、用紙の設定をした上で、プリンターメーカーや無料テンプレートを用意しているサイトからダウンロードして作成した方が楽にできるでしょう。